This Archive : 2008年05月

--.--.-- *--*

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.05.30 *Fri*

青という色

九州・四国は入梅かぁ~。。関東もあと少しだなぁ。。。
なんてことを考えながらピースワーク。

bw96.jpg


昨日の夕飯のお味噌汁に使ったアサリの中にきれいな青のアサリがひとつ。。。

asari1.jpg


"Bule Rose" は不可能を意味するとか。。。
確かに着色処理(加工)をしていない真っ青な薔薇は今のところない。。






スポンサーサイト

2008.05.30 *Fri*

プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント&クレアオースチン

2007-2008年発表の新品種。日本でもこの春予約開始となっている。
まずはプリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント。
クレアに比べて到着したときから華奢な苗だった。
うどん粉病になりながらも大きな蕾をつけた。

asok74.jpg


待望の開花時に肌寒い気温、一転して夏日、台風並みの強風と雨にさらされ花の調子はいまひとつ。

asok103.jpg


ただ香りは良かった。ティーのさっぱりとした感じ。(本当は強いティー香らしい)
樹形はわりとコンパクトにまとまる感じ。残った蕾二つに期待♪ 

asok108.jpg


そして、クレア・オースチン。生育は非常によく付いた蕾は20個! 
蕾の頃と咲き始めはうっすらとアイボリーイエローを帯びている。

clrea24.jpg


この画像でもわかると思うが茎がしなやかなに伸びただいま長い枝は株元から花まで1m50cm!

clrea42.jpg


香りもミルラの良い香り。。。アンブリッジよりも少し甘い感じかな?

clrea68.jpg


褪色すると白が強く出てやがて純白に。。。クレアオースチン、いいかも

clrea43.jpg




2008.05.29 *Thu*

ストロベリー・ヒル

イングリッシュ・ローズのストロベリーヒル。
温かなピンク色が豪華な中にも可愛らしさを感じさせる。

5206.jpg


開花が進むと整った花びら巻きはあいまいな感じになる。

sh017.jpg


花のつき方は良いほうだと思う。枝の伸び方はちょっとつるばらのよう。 
自立は難しいので仕立て方を検討しなければ。。。

5207_20080529090207.jpg




2008.05.27 *Tue*

コンスタンス・スプライ


イングリッシュローズ第一号として知られるコンスタンス・スプライ。

cs42.jpg


春にしか咲かない一季咲き。 我が家で咲かせるのは今年が初めて。

cs41.jpg


楚々として華やか。 香りもとても良い。 

cs58.jpg


でも。。。アーチ仕立てにしてあるので視点が高い位置になってしまった。
これは来年の課題だな。

cs57.jpg


一年に一度しか逢えない薔薇。。。また来年もきれいに咲かせよう♪

cs43.jpg




2008.05.24 *Sat*

ファイル作り


昨年のおしゃれ工房のマンスリーキルトのファイルを作成。
ファイルポケットに作り方と付録の型紙を入れた。

q1.jpg


見出しの表には号数。

q2.jpg


裏にはモチーフ名。

q3.jpg


毎月のセットと応用編まとめセットと糸のセットは収納ケースに。
う~む、、、すぐに取り出せるようにしてあるとはいえ果たして出来るのだろうか・・・



2008.05.24 *Sat*

グレイス

薔薇友のkaffeさんから昨年の冬にいただいたグレースが咲いた
香りはさらっとしたティーベースかな。。。


038.jpg


2本の枝のうち1本はつい先日の強風で折れてしまった・・・
折れた枝には蕾は付いていなかったのがせめてもの救い・・・
蕾の数は全部で五個。。。花が終わったあとに元気なシュートが出てくれるといいな♪

039.jpg







2008.05.21 *Wed*

ピエール・ドゥ・ロンサールとホワイト・エデン

昨日、関東は大雨と強風が吹き荒れ交通機関にも大きな乱れが出た。
そんな心配をよそに数日前からピエール・ドゥ・ロンサールの開花が始まっていた。

51943.jpg

 
ぽってりとした厚い花びらは完璧なカップ型。

51638.jpg


花芯はピンクに染まる。

51942.jpg


今朝のピエール。 あの雨と強風の後でもこの美しさにはビックリ!

52021.jpg


今年は花の数は三桁。

52022.jpg


全体としての開花状況はまだ1/3ちょっとというところ。。。
(このオリベスク左側に約一メートル強続く)

52025.jpg


花の大きさに比べて茎は細いので開花に従い下を向く。

52028.jpg


こちらは昨日切り戻した。 ホワイト・エデン。 我が家のはアメリカからの輸入苗。
薔薇好きさんは知っているが、ピエール・ドゥ・ロンサールの白色の枝変わり。
昨年の秋から日本ではブラン・ピエール・ロンサールとして販売開始となっている。

5202_20080521091716.jpg


※部屋で撮ったので画像はちょっと色が冴えていないが、すごく雰囲気の良い薔薇!

5203.jpg


あと数個蕾があるので今度は株に咲いた姿を見たい。

5201.jpg





2008.05.20 *Tue*

ウィンチェスター・カテドラル



またまたイングリッシュローズです。(笑) 
イングリッシュローズのメアリー・ローズの枝変わり。

5134.jpg


咲き始めはコロンとしたカップ咲き。

5163_20080519200106.jpg


次第に浅いカップ型へ。。。花びらもフリフリに。。。

51618.jpg


中心に残るクリーム色が消える頃、花びらはひらひらと落ちる。

51646.jpg


ほんのひと筋ピンク色が残った花。

51617.jpg





2008.05.20 *Tue*

クィーン・オブ・スウェーデン



イングリッシュローズばかり続きます。(笑) クィーン・オブ・スウェーデン。

51637.jpg


すっとした直立系の樹形。 

5139.jpg


花形も完璧なカップ形。 

51946.jpg


昨年は枝がするすると伸びて今年はオリベスクに仕立てた。
花の大きさは小さくなっても美しさは変わらないね。

51921.jpg

 





2008.05.19 *Mon*

トロワラス



イングリッシュローズのトロワラス。

51619.jpg


この色のグラデーション、いいねぇ~♪

51644.jpg


バニラアイスのようなトロワラス。香りも甘い。。。

51910.jpg


明日は午前中に強い雨と風だって。枝が心配なものは仮留め。
ボーリングが心配なバラ達は切り花に。。。

51979.jpg




2008.05.19 *Mon*

サマー・ソング

今年の早春に届いたサマー・ソング。 独特の花色で注目された品種。

51632.jpg


確かにパット・オースチンともまったく違う花色。

51658.jpg


好き好きがはっきりしそうな品種。。。

51659.jpg


今朝のサマーソング。 褪色も進む。 ただ、香りは良い。 複雑なミックス香。

51971.jpg

 
春の花はこのくらい咲き進んだほうが私は好きかな・・・秋の花に期待♪

51972.jpg












2008.05.19 *Mon*

コンテ・ドゥ・シャンパーニュ

*  コンテ・ドゥ・シャンパーニュ  *

イングリッシュ・ローズのコンテ・ドゥ・シャンパーニュ。 咲き始めは少し黄色っぽい。  

51648.jpg


次第に褪色。 薄いカスタードクリームのような色合いに。
 
51615.jpg


花の重みで下を向く。香りは薬っぽい感じ。ちょこっとミルラも混じる?

51975.jpg


花持ちは良いとはいえないがこの感じが大好き!

51961.jpg






2008.05.16 *Fri*

* アッシュ・ウェンズデー *

独特の花色で知られる薔薇。 こちらも春にしか咲かない一季咲き。

5131_20080516110033.jpg


花を見るのは今年が初めて。薄いピンク・ベージュの蕾からどんな花が咲くのか。。。

5158.jpg


うんうん、なかなか可憐な感じじゃないー♪ でも、香りはほとんどない。。。

r6.jpg


日本の色に灰桜色(ローズ・ミスト)という色がある。 
灰色を帯びた桜色もローズって呼ぶのか・・・

51612.jpg



灰桜色(ローズ・ミスト)とアッシュ・ウエンズティー。。
アッシュ・ウエンズティーの名前の由来はキリスト教からきているとか。。。

51652.jpg




2008.05.16 *Fri*

* スパニッシュ・ビューティー *

古い品種らしいが相変わらずの人気品種らしい。 
別名・マダム・グレゴワール・ステシュラン。 一度では覚えられない。(笑)
春にしか咲かない一季咲き。

5132.jpg


開いていくと花の重みで次第に下を向くのでアーチやパーゴラが向く。

5137.jpg


香りはうーん、いかにも薔薇の香り+ちょっとおしろいみたいな粉っぽさも感じるような。。。
谷津バラ園のパーゴラの下にしばらく居ると薔薇の香りのシャワーでなんとも優雅な気分になる。

5165.jpg


今年は少し遅れたけれどとても綺麗よ。。。残る蕾はあと五つ。。。

51614.jpg



2008.05.16 *Fri*

* アブラハム・ダービー *

イングリッシュローズの代表格のアブラハム・ダービー。
丈夫な枝を伸ばし花つきも抜群に良い。

51642.jpg


こちらはアプリコットが強く出たアブラハム・ダービー。

51641.jpg


どちらかといえば私はピンクのほうが好みかな。。。

5168.jpg



大きな蕾がたくさん。。。

51656.jpg






2008.05.14 *Wed*

* 薔薇とQuilt  *

昼間は家事の合間に薔薇の世話をしに庭に出て、夜はキルトを作る日々。
夫は晴耕雨読の日々が理想というが彼は土いじりは好きではない。
でも傍らで見ているのは好きなようだ。花が嫌いな人は珍しいものね。

5332.jpg


先日も水道工事の挨拶にいらした方も庭の薔薇たちを褒めてくれた。
奥様も薔薇が好きでいろいろ植えて楽しんでいらっしゃるとか。。。
中でも玄関前に置いてあるラプソディー・イン・ブルーを気にされていた。
もしかして奥様にプレゼントされるのかな。。。(笑)

5163.jpg



キルトに興味のない方は以下の記事は飛ばしてくださいね。




2008.05.14 *Wed*

* 雨上がりのロココ *


昨日冷たい雨が一時止んだ時に庭に出た。
アーチの上のロココは開花が始まったのにあいにくの雨続き。。。

5313.jpg


一年ぶりの再会。返り咲きって言っても我が家は春にしか咲かない。

5314.jpg


今年は4年目。 498円のD2の新苗だった。 ひょろひょろとしていた子は大きく美しく成長♪

5320.jpg






2008.05.13 *Tue*

* アイスバーグの謎 *

関東は今日も冷たい雨が降り気温も上がらずさっぶい一日でした。
庭の薔薇達も次々と開花の時期を迎えて華やぐ一方なのですが・・・
ちょっと疑問というか・・・もしかして品種違いなのではと思う薔薇が出てきました。

それはつるアイスバーグ。

5135.jpg


アイスバーグってもっと丸い花弁ではなかった?
微かにピンクを帯びて花びらの形状は完璧な剣弁咲きの様子。

5152.jpg


ぽってりとしたカップ型で花びらはぎゅうぎゅうで花芯なんて見えそうもない。

5159.jpg


私のブログにいらしてくれる薔薇友さんはうっすらと記憶があるかもしれないけれど、
昨年の9月の末ごろに咲いた画像がこれ。つるアイスバーグは確か一季咲き・・・
そのときはもしかしてつるではなくフロリバンダかも。。と、思わなくもなかった。
しかし、その後はつる薔薇らしくしなやかに枝が伸びてきたのだ。

IMG_2328.jpg


※ちなみにこの苗は閉店セールのホームセンターで購入。
タグはつるアイスバーグってきちんと書いてあった。













2008.05.12 *Mon*

* 母の日 2008 *

昨日は母の日。 夫と息子からケーキ。

5166.jpg


プレゼントはもちろん薔薇の苗。(笑) 京成バラ園芸のマリー・アントワネット。

5157.jpg


マダム・フィガロ。

5147.jpg


この他にメイアン社作出のカルト・ブラッシュの新苗、ブラン・ピエールの新苗も買ってもらいました。
ホワイト・エデン=ブラン・ピエールと知っていてもやっぱり欲しくなる・・・これって薔薇中毒?








2008.05.12 *Mon*

* 再び京成バラ園へ (携帯画像) *

京成バラ園の年間パスポートが13日で期限切れになるのでその前にもう一度。。。(笑)
お天気はどんよりと曇り時々雨粒がパラパラと落ちてきた。

スパニッシュ・ビューティーは満開。

5114.jpg


花の重みで俯くのでやはり高い位置で咲かせるのが効果的。

005.jpg


つるばらのバタースコッチ。 ジュリアにもチャールズ・ダーウィンにも似ていない花色。

7.jpg

ERのウィンチェスター・カテドラル。

013.jpg


昨年、「ロードリー・オベーロン」となっていたプレートもきちんと訂正されていた。(笑)

5110.jpg



ERのセント・オルバンのタワーは圧巻!

016.jpg


マダム・ピエール・オジェ。 このシルバーピンク。。。いいわぁー

5122.jpg



可憐なローズ・ドゥ・モー。

5126.jpg

そして、一番心に残った薔薇はロサ・キネンシス・アルバ。 和名は白長春。

028.jpg



2008.05.08 *Thu*

* つるバラたち *

昨日画像を撮り忘れたつるアイスバーグ。
今年はピエール・ドゥ・ロンサールとちょっと競演出来るかも。。。

5806.jpg


競演といえばホワイト・エデン。 
(京成バラ園芸では昨秋ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールとして発売)
昨シーズンは枝が思うように伸びなかった。
でも、ピエール・ドゥ・ロンサールと競演させてみたいので鉢植えから植え込み花壇へ移植。

5808.jpg


つるばらのロココ。

5812.jpg


アーチの上の蕾は撮影が大変。。。(上の画像とは別の蕾)

5811.jpg















2008.05.07 *Wed*

*  開花待ち *

毎朝毎夕庭の薔薇たちをチェック。 近々咲きそうな薔薇たち。
スパニッシュ・ビューティー。 早咲きで知られるのにあと少しかかりそう。

5709.jpg


こちらの方が早いかな。フロリバンダのテンダー。

5710.jpg


大輪で知られるERのジェフ・ハミルトン。 我が家は昨年も割りと小さめ。
次回の冬選定で短くしてみようかな。。。

5708.jpg


そして大好きなピエール・ドゥ・ロンサール。。うーん 待ち遠しいな。。。

5712.jpg


あっ! つるアイスバーグの画像撮るのを忘れた。。。















2008.05.07 *Wed*

* アンブリッジローズ * 


咲き進むアンブリッジローズ。今朝は淡いピンク色に変身。

5714.jpg


このピンクも大好きー

5715.jpg


一株でいろいろな表情が楽しめる。

5713.jpg


そこが薔薇を育てていて楽しいところ。。。

5721.jpg







2008.05.07 *Wed*

* ラプソディー・イン・ブルー *

今朝6時半のラプソディー・イン・ブルーはままだ蕾の様子。でも、ここからが早い。 


5704.jpg


8時過ぎにはこんなに開きスパイシーな香りが漂う。
今日は夏日のようなので午後には蘂が見えるくらい咲き進むかも。。

5716.jpg









2008.05.07 *Wed*

* 笑み *

昨年はずっと不調だった京成バラ園芸の「笑み」

5707.jpg


春の花色はピンクが勝っている。。。

5706.jpg






2008.05.07 *Wed*

* チャーリー・ブラウン *

今朝6時半のチャーリー・ブラウン (その1)

5702.jpg


今日咲いた蕾は全部で3つ。 (その2)

5701.jpg


ひとつずつ咲き進み方も違う。 (その3)

5703.jpg


8時過ぎにはこんな感じに。。。 (その1)

5719.jpg


その2は蘂が少し覗いて。。。 (その2)

5718.jpg


咲き進むと花色は薄くなる。。。(その3)

5717.jpg


ジュリアにも似た花色。 でも花形はこちらのほうが好みかも。。。






2008.05.05 *Mon*

*  京成バラ園 *

京成バラ園へ行ってきました。

5509.jpg


思ったとおり花はぜんぜん咲いていない。。(笑)

5510.jpg


それでもつるバラがポツポツと咲いています。 アイスバーグかな?

5507.jpg


ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサール。園内のこの株は枝が長いけれど、
併設されたローズショップの大苗(3000円)は枝はあまり伸びていなかった。
我が家のホワイトエデンと同じ感じがしたので購入せず。。
長尺苗のコーナーも見たのだけれど、見つけられず。。

5506.jpg


温室の中のガートルード・ジェキル。

5511.jpg


アルンウィック・キャッスル。

5512.jpg


折角きたのでジャスミーナとシンデレラを購入。
マリー・アントワネットもカートに入れてレジまで行ったのに
タグをみたら金蓮歩(きんれんぽ)?。当然キャンセル。
もう少しで間違えて買ってくるところでした。 あぶない、あぶない・・・
普段はスローペースなのですが・・・今日は3つの記事をアップしています。  (笑)

こちらは我が家のチャーリー・ブラウン。。
テディ・ベアの血を引いているので花もちは悪いのですが色合いが好き♪

5515.jpg









2008.05.05 *Mon*

* アンブリッジローズ *

こちらは昨日のアンブリッジローズ。

5502.jpg


そして今朝はこんなに咲き進みました。

5518.jpg


夕方にはさらに咲き進みほぼ満開という状態。。。
今日は京成バラ園へ出かけてきましたがバラ園で販売していたアンブリッジローズよりはるかに大きな花♪
やっぱり地植えにしてあるからでしょうか。。。と・・言っても植え込み花壇ですけれど。。

5516.jpg


うーむ・・・これでも大きさが判りませんねぇー。。。(汗) 約13cm ありました。
一番花なので大きいのでしょうけれど。。。 ちょっとびっくり。。。

5517.jpg


ミルラの香りが辺りに漂っています。。。






2008.05.05 *Mon*

* デュシェス・ドゥ・ブラバン *

鮮やかなピンク色で可憐に咲いた。 細い茎に大きな花。

5501.jpg



我が家で咲いたピンクの薔薇の一番さん。。。
ティーローズなので香りは当然ティーの香り。。

5514.jpg























2008.05.02 *Fri*

* アンブリッジ・ローズ *

昨日の午後のアンブリッジローズ。 この段階でも近くに顔を寄せるとほんのりと良い香り。

5202.jpg


そしてこちらがついさっき撮りたてのアンブリッジローズ。

5209.jpg


次に咲くのは私よ!と言わんばかりの蕾たち。。。

5208.jpg


アブラハム・ダービーの一番花は特に豪華なので期待度大! (笑)

5212.jpg


期待といえば・・・ERにしては珍しい一季咲きのコンスタンス・スプライ。
デヴット・オースチン氏作出のイングリッシュローズ第一号として有名な薔薇。
まだまだこれから大きくなる気配。 一年待ったのだもの、きれいに咲いてほしい。

5211.jpg



kaffeさんからいただいたERのグレイスにも蕾がついた!
すっとしたスマートな葉からはどんな花が咲くのかという期待を抱かせる。

5213.jpg



玄関横の植え込みスペースに植え、上部の窓にかかるように誘引したピエール・ドゥ・ロンサール。
蕾の数ははっきりと数えてはいないがかなりあるー!
世界中でもっとも愛されている薔薇の称号を獲得したらしいがそれも納得!
花は美しく豪華で、生育は旺盛で病気にも強い。出回った当時は一季咲きとして流通していた。
現在は進化して?返り咲きすることもある。以前住んでいた近くに立派なピエールの株があり、
その株は真冬にもポツリポツリだったけれど花を付けていたのだ。
 
我が家にはホワイト・エデンもあるがこちらは枝がつる薔薇のように伸びない。 
うーむ、密かにピンクと白の競演なんて素敵!と思っていたのに・・・・
こうなると、ブラン・ピエール・ドゥ・ロンサールと比べたくなってきた。 (笑)

5210.jpg


こちらもメイアン社作出のホワイト・メイディランド。
純白の花びらの縁が緩やかに波打ちそれはそれは優雅な薔薇。
こちらは玄関植え込みスペースの反対側のオリベスクに弧を描くように誘引。
その手前にはスノーコーンを植えてある。野バラのような可憐な雰囲気。
欲を言ったら白×白になってしまったので違う色味の薔薇が欲しいところ。
でも植えるスペースも伸びた枝を収める空間もない。。。

5215.jpg


キルトのほうは課題のバッグがひとつ完成して放置してあるタペストリーに取り掛かっている。
タペストリーの課題が出てからそろそろ一年が経つ。。。うーむ・・・・こちらも頑張らねば。。。
(思いっきり接写して撮ったミニバラ。花の大きさ約2cm)

5205.jpg


最後はマシュマロのようにふんわりと咲いたマリ・パヴィエ。 
この咲き方がポンポン咲きって言うのかしら?

4日に義母のところへ行き、5日は夫次第では京成バラ園へ出かけたいなぁ。。。
薔薇友、Quilt友の皆様、素敵な休日をお過ごしください。

5207.jpg




プロフィール

Rico

Author:Rico
Rico 千葉県在住

おひつじ座 AB型

時々愛猫も登場



月別アーカイブ



最近のコメント



カテゴリー



FC2カウンター



カテゴリ



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



最近の記事



Copyright © Rico's Roses All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: chaton noir  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。